カードローンの借り入れ条件の年収は重要?

カードローン 口コミ

で相談が多い内容として、カードローンの申し込み条件に、年収を設定している金融機関などもあります。銀行系のカードローンであれば、貸金業法の総量規制の対象外とはなりますが、高い金額の借り入れができる大型ローンなどでは、借り入れ希望者の年収がいくら以上と設定している場合が多くなっています。

年収の規定があるカードローンでは、収入証明書の提出を求められます。大型のカードローンの申し込みをスムーズに進めたいときは、事前に準備しておくようにするとよいでしょう。職種によって提出できる書類が変わります。どういった書類が必要なのかは、カードローン会社に問い合わせて確認しておいた方がよいでしょう。

総量規制では、年収の3分の1以内に借り入れ金額を抑えなければなりません。銀行系のカードローンでは、年収の3分の1を超えても借り入れすることは可能になっています。とはいっても、実際にカードローンでの借り入れをする際は、どういった目的で利用するのか、返済はどれぐらいの期間でどのようにするのか、といったことをきちんと計画してから利用するようにしなければなりません。限度額いっぱいまで本当に借りる必要があるのかどうかということを考えてから、カードローンを利用するようにしましょう。

貸金業者で借り入れをする時に、限度額を少しでも上げようと年収を正直に申告しない人もいますがたとえ収入証明書などを提出しなくても、これはすぐに本当のことが分かってしまうことです。ですから、申し込みの際は実際の年収を記入するようにしましょう。